開業のために必要なもの②~資金~

準備するべき必要な資金の種類

ワン・ツー・ワン個別学院フランチャイズ本部で学習塾を独立・起業・開業していただくためには、以下の項目の資金が必要となります。
①加盟金
②サーバー制作費
③研修費
④物件取得費(物件をお持ちでない場合)
⑤内外装費(必要に応じて)
⑥什器備品(必要に応じて)
⑦広告宣伝費
⑧運転資金(3~6か月分程度)

※詳細はワン・ツー・ワン個別学院フランチャイズ本部にお問い合わせください。

ワン・ツー・ワン個別学院とその他FCとの資金面での違い

ワン・ツー・ワン個別学院フランチャイズ本部で独立・開業されたオーナー様には、開業後3ヶ月間、本部のスーパーバイザーが現地でサポートいたします。現地サポート終了後、生徒数が損益分岐点を下回っている場合は、更に最長で3ヶ月間集客支援として毎月最高20万円までの広告宣伝費をサポートいたします。

また、当社推奨の什器備品類やワン・ツー・ワンの教材の仕入れ等も、オーナー様が直接販売業者へ発注していただきますので、当社中間マージンを一切いただきません

なぜなら、当社で独立・開業いただいたオーナー様には、無駄な経費をかけずに独立・開業していただきたいからです。

独立・開業資金の調達方法

資金調達は以下の方法があります。
全て自己資金
自己資金+融資(日本政策金融公庫などの金融機関)
全て融資(日本政策金融公庫などの金融機関)
開業される場合は①~③まで可能(条件による)です。
その他、全国及び各地の補助金制度もございます。

ワン・ツー・ワン個別学院ができる資金調達のためのサポート

これから学習塾で独立・開業される際、全てのオーナー様が自己資金のみで独立・開業できるとは限りません。融資が必要となる場合、日本政策金融公庫及びその他の金融機関から融資を受けることになります。
日本政策金融公庫及び他の金融機関から融資を受ける際には、事業計画書の作成・提出が必要です。
また、補助金制度を受ける際にも書類の提出が必要となります。
ワン・ツー・ワン個別学院フランチャイズ本部では、学習塾の独立・開業に必要な事業計画書の作成をサポートいたします。


ワン・ツー・ワンについてもっと知りたい方は

説明会予約

資料請求