学習塾業界の現状・特徴

学習塾業界の実情

学習塾業界の市場はここ数年1兆3000億円程度で推移しており、伸び続けているという状況ではありません。
また、少子化ということもあり、どうしてもマイナス成長していると考えられてしまう業界です。

しかし、この業界はなくならない、世の中に必要とされる業界であることは間違いありません。
また、子供が少なくなっている分、一人当たりの教育費は年々増加しており、マーケットは縮小していません。

今後日本が成長するためには、教育が必要不可欠であるため、今後もニーズが求められる業界です。

学習塾業界の実情

学習塾のマーケットの種類

学習塾は大きく分けて3つのマーケットがあります。

それは、                  のそれぞれの受験を目指すためのマーケットです。

中学受験・高校受験・大学受験

その中で一番大きなマーケットは       のマーケットです。

高校受験

学習塾のマーケットの種類

各県で高校受験の仕組みは違い、特色もあります。
また、高校受験はほとんどの生徒さんが目指すためマーケットとしても全体の70%近くあるといわれております。

学習塾を経営するにあたってはどの地域においてもこの高校受験マーケットを対象にすることがポイントになります。

これから学習塾で独立・開業したいと考えている方、または学習塾での開業をお考えの企業様においては、中学生対象の高校受験を主とした学習塾を運営することをお薦めいたします

学習塾の指導形態の種類

学習塾は3つの指導形態があります。

・講師1人で10人以上の多人数を一斉授業で教える集団指導
・講師1人で1~3人を指導する個別指導
・映像授業やデジタル教材を使いながら講師1人で10人前後を指導する自立型個別指導

という3つの指導形態です。

それぞれには特色はありますし、その時代によって流行もあります。

1960年代ごろから受験への意識が高くなり学習塾が注目を集め、その後人口の多い団塊ジュニア世代が熾烈な受験戦争を勝ち抜くために学習塾に通うようになりました。
その時期は集団指導形態がメインでした。
その頃は優秀な生徒さんが受験戦争を勝ち抜くためにということで、学習塾に通っていました。
しかし、最近では学力の中間層以下の生徒さんも学習塾に通うようになり、生徒さん・保護者のニーズが多様化してきました。
そうした中で大きく成長したのが個別指導という指導形態でした。
家庭教師のように個別で指導してくれるという指導形態が受け、今でも個別指導のマーケットは伸び続けています。
逆に、集団指導のマーケットは縮小し続けています。

現在開業されるほとんどは個別指導という状況で、まだまだ教室は増えていくでしょう。
しかし、増えすぎて競合が激増していることは間違いありません。
また、個別で指導する分どうしても月謝が高額になってしまい、敬遠する保護者も多くいます。

そんな中で新たな指導形態として近年増えてきているのが自立型個別指導という指導形態です。
これは、映像授業やデジタル教材を活用して生徒さんたちが自立的に勉強できるようにサポートするという指導形態となります。

今後は、間違いなくこの指導形態が学習塾業界に増えていくことになるでしょう。
また、通信教育を中心としてタブレットなどで学習することが日常化してきておりますので、これからは映像教材を活用した自立型個別指導形態の学習塾が確実に増えるでしょう。

学習塾の指導形態の種類

これから繁盛する学習塾とは

これから繁盛する学習塾は自立型個別指導形態です。

学習塾を繁盛させるには成績アップが第一ですが、価格(月謝)や指導時間も重要になります。
集団指導は月謝は安いが、指導時間は短く、さらに個別対応ができず学力上位層には向いている指導形態ですが、そうでない生徒さんに関してはあまり向いているとは言えず敬遠される場合が多いです。
個別指導は個別対応してくれ、個々の生徒さんに合わせた指導をしてくれるが、多くの講師を雇わなければならず、そのためどうしても月謝が高くなってしまい、十分な時間の指導や5教科の指導などもできないというケースが非常に多いです。

その2つの間を取り、今後学習塾業界でもっとも伸びるという指導形態が自立型個別指導塾であると考えられます。
指導形態として長時間指導、集団塾並みの月謝体系を実現でき、さらに個別対応も実現できるという今までにないものです。このような標準化されたフランチャイズの学習塾はますます伸びて行くでしょう。

これから繁盛する学習塾とは

映像授業やデジタル教材などを使用するため、生徒さんに授業をするというよりもそれらの教材を使っての勉強法を教えることがこの指導形態の重要なポイントになります。

これからは確実にパソコンやタブレットを使って勉強する生徒さんが増えます。

その時に人に頼った指導形態よりも、新しい自立学習型の指導形態を実施することが今後の学習塾経営の成功の鍵になります。

これから学習塾を始めたい、或いは学習塾で独立・開業したいという方には、是非、自立型個別指導という指導形態をお薦めします。

 

ワン・ツー・ワンについてもっと知りたい方は

説明会予約

資料請求